Dropboxの容量無制限サービス

Pocket

容量無制限ねえ・・・
かつてMicrosoftやAmazon、果てはGoogleまでもが挑戦して駄目だったのに、Dropboxにやれんの?という懐疑的な見方。きっと無制限といいつつ何かしらの天井があったり、大量のファイルを放り込もうとすると帯域がクッソ絞られたりとか、裏があるんだろうなあと疑ってかかってみた。

記事をよくよく読んでると、「クラウドストレージとして使えるのは2GB」という文言が引っかかる。これひょっとして、あくまでバックアップなのでローカルから消したらバックアップも(世代管理されてるとはいえいずれ)消える。なので結局はローカルの容量くらいしか保存できんのではないかしら。そらまあローカルが100TBあったら100TBやるっていう意味では「無制限」なのかもしれんけど。

共同作業してるグループの共有フォルダをバックアップするとか、日々なんやらかんやら生成してる人の成果物をバックアップするとかには使えるかもしれないけど。そうじゃないんだ。俺達が望んでいるのは馬鹿でかい倉庫。アホほど撮りためた写真やら動画やらを放り込んでローカルから消して寝かせておいて、必要に応じてローカルにコピーしたり、どうかしたら出先で再生確認できるような倉庫なんだ。
はい解散ー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。